借金の悩みを解決してくれる債務整理と弁護士への相談

とにかくお急ぎの方はこちら 全国対応で借金相談は無料!

金融会社から借りると、たまに返済の悩みが生じてしまう事もあります。

返済する必要があると分かっていても、生活資金などの問題があり、なかなか支払いが難しい事もあるからです。

それで遅延になってしまい、大変苦しんでいる方々も多いです。

そういう時は、債務整理という手段があります。

それで借金の悩みが解決する事もよくあるのです。

というのも金融会社が定めている手数料は、適正でない事があります。

金融会社としては、必ず法定金利を守る必要があるのです。

ですが中にはあまり良くない金融会社もあって、必要以上に高く徴収しています。

そういう会社に対して、法的手続きを取る選択肢もあるのです。

それが、いわゆる債務整理です。

例えば手数料に関する減額交渉があります。

あまりにも金利が高すぎる時などは、任意整理という手続きを踏みますと、手数料が引き下げられる事もあるのです。

状況によっては、金融業者に払い過ぎた分が戻ってくる事もあります。

ただし債務整理の手続きは、自力ではなかなか難しい一面もあります。

忙しい方々などは、なかなか法的手続きの為に時間を割くのが難しい事も多いです。

ですが弁護士などの士業の方々でしたら、その手続きも代行してくれます。

ですから借金に困っている方々は、士業の方々に相談している事も多いです。

なぜ債務整理の手続きは自力でなく専門家に代行依頼すると良いか

債務整理の手続きは、大きく分ければ2つ手段があります。

自力でその手続きを行う事も可能ですし、士業の方々に相談する選択肢もあるのです。

後者は、いわゆる弁護士や司法書士です。

ところでその2つの手段は、よく比較されています。

どちらが良いか迷っている方々も多いですが、多くの方々は専門家に任せているのです。

なぜなら、手間に関する問題があるからです。

債務整理の手続きは、それなりに知識も求められます。

法律に関する知識も求められますし、きちんと計算する必要があります。

ですが専門家の方々でしたら、その難しい手続きも代行してくれる訳です。

手間を抑えて手続きを行える訳ですから、専門家に任せている方々も目立ちます。

それと督促のメリットがあるからです。

そもそも弁護士などに任せた時には、受任と呼ばれる手続きが行われます。

それで、金融業者からの督促もストップするのです。

弁護士が代行をする兼ね合いで、借りている本人には連絡が行かない状態になるのです。

それに対して、自力で債務整理の手続きを行いますと、督促はストップしません。

金融業者からの督促に耐えながら、手続きを進める状態になってしまうのです。

ですから債務整理は、専門家に任せる方が良い事も多いです。

債務整理をするべきかどうかの判断についてはとても難しい

債務整理というのは、やったほうがよいときとそうでないことがあります。

債務云々が減ったり、なくなったりするわけですから、基本的には無理そうだったらした方がよいのでは、と思うかもしれませんが必ずしも借金がそうなるわけでもないのです。

これには意外と重要な要素がいくつもあります。

まず、どうしてもやらないといけないのか、ということから考えましょう。

債務整理はやりますと基本的に金融信用情報を悪くされます。

最悪にする、といっても過言ではないでしょう。

ですから、やるべきかどうか、ということはよく考える必要性があります。

また、どれをするのか、というのも大事です。

債務整理といっても色々とタイプがありますから、どれが自分に相応しいのか、ということをまずは弁護士などに相談するようにしましょう。

任意整理で済むならばそれがよいでしょうし、或いは個人再生、特定調停、自己破産ということもあります。

自己破産はかなり有名ではありますし、債務がチャラになるから最もよいだろうと考える人もいるですが財産は基本的にすべて返済に充てられることになりますし、制限もつきますから、それが最善とは限らないこともありますから熟考するべきでしょう。

コメントは受け付けていません。